知らないと損する?「囲い込み」防止対策

以前、レインズについてもお伝えしましたが、この便利なレインズの良さを活かせずに、家を売りたい人が損してしまう「囲い込み」という不動産屋の悪質な手口について解説していきたいと思います。

「囲い込み」を防止することが、早期・高値での売却に繋がりますので、一緒に勉強していきましょう。

レインズとは、不動産の売却のための情報交換システムのことです。

「囲い込み」とは何か?

情報の囲い込みという意味なのですが、あなたが売ろうとしている物件を、

・依頼した不動産会社だけでしか取扱い出来ないようにする
・他の会社には情報が見れないようにする

販売をさせないようにして、情報を囲い込んでしまうという事です。

 

自社だけが情報を独占して、他社には販売させないようにするという、売主にとって損する悪質な手口です。

これを「囲い込み」と言います。

 

囲い込み方法

では、実際に囲い込みとはどんな方法で行われているのでしょうか?

 

レインズへの登録

レインズへの登録は法律で義務付けられているんですが、登録期間の定めはありません。
そこで、とりあえず登録はするけど、すぐに掲載をやめる。

業界用語では
〝レインズから落とす〟

と言うんですが、こういう事をやるんです。

 

これで他社はその物件の情報は見れなくなります。なので、他社は物件を販売することが出来ません。
他にも、

レインズには掲載するけど、物件概要の資料は添付しない

価格や間取り、駅からの距離、重要なアピールポイントなど、物件の説明資料をわざと載せないで、分かりにくい物件にします。

他社が、取り扱いをしづらい状況にして、販売させないようにするのです。

レインズに掲載しても…

他の不動産会社が買主を連れてくると

「今、契約中です」

とウソをついて断ったりもします。

 

そして頻繁に横行しているのが、
「ウチのお客様が、レインズに載っているこの物件が、欲しいと言ってるので紹介したいんですけど」と、

他社からの問い合わせに、

「既に他のお客様と商談中です」

と嘘をついて、取り扱いをさせません。

 

ウソばっかりですよね。
こんなことをしているから、

不動産屋は嘘つきだ!!!と言われるんですよね…

 

実は、この囲い込み業界内で頻繁に行われていますし、悪いと思っていない会社はたくさんあります。
また、営業マンも平気でやってます。

 

なぜ、囲い込みをするのか?

それは、不動産会社が儲かるからです。

利益追求

ただそれだけです。

 

売主に損させてでも、自社の儲けを優先するので
「囲い込み」を行なうんですね。

不動産会社は物件の販売をしたときに、報酬として仲介手数料をもらいます。

売り手、買い手、それぞれから仲介手数料をもらうのですが、どちらも自社で決めると両方からもらえます。

いわゆる両手仲介です。

 

他社が販売すると、売り手側からしか仲介手数料がもらえない片手仲介になるので報酬は半分に減ってしまいます。
両手仲介は2倍儲かるので、囲い込みをして他社には売らせないようにするんですね。

そんなことすると売れるまでに時間が掛かります。

 

全国の不動産会社で一斉に販売してもらうのが早いのか、1社だけで売る方が早いのか…?

考えなくても分かりますよね。

 

また、両手仲介のためには自社で見つけてきたお客さんに買わせる必要があるので、
売主よりも買主側の味方につきます。

そのため、売主に値引きを強要してくることが多いです。

 

売主が損してしまう「両手仲介」の説明はコチラ。

不動産会社が裏で考えている3つのこと「両手取引」「囲い込み」「値こなし」

 

両手仲介で儲けたいから、他の会社に物件を見つけられないように「囲い込み」をする。
最悪ですよね…。不動産業界の悪しき習慣です!

しかし、皆さんが知っている大手不動産会社ほど多いと言われています。

数年前に大手の「三井のリハウス」「三井不動産リアルティ」が、取り引きの20%を囲い込みをしていたとニュースがあり、業界でも問題になりました。

 

「囲い込み」の実態は掴みづらく、法律的にはセーフなんです。

だから、やってもいいと言うのとは違います。

 

囲い込みの予防策

この悪質な囲い込み。どうやって防止するのか?
予防策を見ていきましょう。

①会社選び

両手取引ではなく、片手取引が当たり前の会社を選びましょう。
売主側の代理人(エージェント)として、サポートしてくれる会社だと安心できます。

②営業マンのノルマが厳しい会社には要注意

大手の不動産会社は特に、ノルマ達成のために両手取引を狙って囲い込みをするケースが多いです。

 

「囲い込み」の一番の防止策

それは、レインズの内容を確認することです。

不動産会社から「レインズ登録証明書」というのをもらいましょう。
この、レインズ登録証明書を「ください」というだけでも抑止策になりますので必ずもらうようにしましょう。

 

レインズへの掲載状況を確認しよう

不動産会社に自分の物件がレインズにどのように掲載されているのか?
図面や内容を見せてもらって下さい。

ちゃんと、売却ポイントをPR出来ているか?
間取り図は載っているか?
などをチェックしましょう。

こういう細かいことをチェックすると、営業担当者は「この売主は色々知ってて囲い込みすると、後々面倒だな」
と思わせることができます。

 

囲い込みを防止することは、早期・高値売却に繋がりますので、ぜひ試してみましょう。

 

You Tubeチャンネル『不動産の売却チャンネル』配信中!!

You Tubeでは、不動産の売却についてのお役立ち動画をアップしています。
分かりやすく解説していますのでぜひご覧くださいね(^^)/

▷▷▷『不動産の売却ワイズチャンネル』はコチラ

 

不動産査定をするなら【売却の窓口 西宮店】ワイズワンホームへ

不動産査定をするなら【売却の窓口 西宮店】ワイズワンホームへ

ワイズワンホームは、お店もスタッフもみんな西宮出身です。豊富なエリア情報を基に、適正価格のアドバイスをします。

あなたのご自宅を正しく評価し、付加価値を付けて高値売却を実現させます!
独自の査定システムに基づき、物件ごとの個別要因を数値化し、正確かつ分かりやすいオリジナルの査定書として高い評価をいただいています。

不動産売却の成功には、市場動向を考慮した適正な売出価格を知ることから始まります。

ワイズワンホームは、売却専門のスタッフが、査定書について分かりやすく丁寧に解説しますのでぜひご自宅を査定してみませんか?

 

 

 

無料査定はコチラよりお願い致します。