『こんなはずじゃなかった・・・』売却経験者による失敗の理由とは?失敗事例3つ【ワイズワンホーム】

 

自分の持っている西宮・宝塚の物件や土地を売りたい!

と思ったとき、みなさんはどんな方法でそれを叶えますか?

不動産購入が人生最大級の買い物となるように、不動産売却は人生最大の売り出しとなります。

不動産売却は、成功すると多額の代金を得ることができますが、失敗してしまうと本来得るはずだった代金より安い取引に終わってしまう可能性もあり得ます。

多くの人は、どのような不動産会社を選べばいいのか、右も左も分からないような状態から、価格の設定、リフォームの必要性の有無などの判断を迫られることが多く、この判断で後々に大きな損失となってしまうことがあるかもしれません。

 

『こんなはずじゃなかった!』失敗事例3つ

売却経験者による、実際の不動産売却であった失敗事例を参考にして、注意点を学んでいきましょう。

 

失敗事例1 下調べが不十分だった

“ほとんど不動産会社に任せっきりの状態で、いざ売却活動を進めていこうとすると、あまり多くのことを教えてもらえず、どこか事務的で漠然と不安が常にあった。”

“専門用語を多く使われて、よく理解できないまま話をどんどん進められていってしまうような感覚があった。”

“一括査定せず、自宅から近いそこそこ大手の不動産会社に依頼した。しかし今思えば、もっと別の会社を探したり、他の人達からの評判を気にしておいたおいたほうがよかったと感じた。”

“売り出したはいいが、なかなか売れず初めからきちんとスケジュールを組んでおけばよかった”

 

まずは売却する前に、下調べが欠かせません。売却理由によっては、売却のスケジュール(焦らず好条件での売却を練るか・それとも早期売却を優先するか)も変わってきます。

不動産業者に何もかも任せっぱなしにするのはよくありません。実際に売却するまでの流れをきちんと把握して、希望の価格に近づけられるよう、売却にかかる注意点などを下調べしておく必要があります。

 

失敗事例2 最初から高値で設定しすぎた

“最初に高めの査定価格を提示してもらったが時間が経っても売れず、早く売却したいと相談したところ、値下げを提案され、そのままなし崩し的に値下げを繰り返され、結果としてかなり安い価格で売却することになってしまった。”

“親から相続した家で、すぐに売る必要がないから、と強気に高値をつけてしまい、いつまでも売れない状態が続き、結局相場より安い価格で売却することになった”

 

不動産売却でよくある失敗の一つが、相場よりも安く売ってしまうことです。高い査定額を提示してくれたとしても、その金額で売ってくれる保証はありません。

自分で調べもせずに鵜呑みにしてしまうと、痛い目をみることになりますので気を付けてください。相場よりも安く売ってしまうリスクを回避するためには、相場価格を自分で調べておくことが重要になります。

 

失敗事例3 見せ方を工夫しなかった

“まだ築7年だったのに、内覧者から「結構使い込んでいますね」と言われた。結局その人は買ってくれなかった。”

“クローゼットや押入れの中を見せたくなくて、見せないようにしてしまった。”

“相続した古い物件だったので、何も手入れせずそのまま見せてしまった。”

 

掃除や整理をせずに内覧者を迎えることは、「大切に住んでいません」とアピールするようなものです。

また、内覧者は、どれくらい収納力があるか事前に知りたいのに、教えてもらえないのも、これもマイナスポイントになります。

いかにも住みづらそうな印象、家の人が不機嫌そうな印象では買い手はつきにくいものです。

 

やって良かったこと

“ある程度の専門用語の知識を勉強したので、担当者の話の内容を理解しやすくなり、話の腰を折ることなく話をスムーズに進めて行くことが出来た。”

“事前にリフォームを済ませた物件を売却したが、そのために多少のお金はかかったものの、思っていた以上の価格で、短期のうちに売却することができた。”

“知人が利用した不動産会社にお願いしたところ、融通をきかせてくれたりとなにかとメリットがあった。”

“不動産会社選びに力を入れた。 大手だから良いと言う事はないし、じっくりと向き合って真摯に対応してくれる会社や営業さんを見つける事ができたので良かった。”

 

まとめ

不動産売却の取引は、売却される方の心がけ次第で、成功するか失敗するか道が分かれやすいものです。

事前準備が不十分で売却活動に関する知識や不動産の価格の相場等の勉強が不十分だと、どうしても任せっきりになってしまいます。その不動産屋の良し悪しにかかわらず、不動産屋主体で話が進んでいくのは不安を感じてしまいますよね。

後悔先に立たずという言葉どおり、やはり事前に下調べをしておくことは必須です。マンション売却の成功と失敗の分かれ道は、知識量と積極性だといえます。

自分が無知だと、どうしても不動産会社に頼りがちになり、マンション売却が成功するかどうかは不動産会社次第ということになってしまいます。信頼できる不動産会社ならそれでも高く売ってもらえますが、任せっきりになってしまう人のほとんどは不動産会社の選択にも失敗している傾向にあるのが実状です。

 

『こんなはずじゃなかった!』

と、なる前に・・・・・

不動産会社とよい関係を築き、不動産売却を成功させるためには、質の高い会社をパートナーに選び、売主自身も積極的に売却活動に参加することが大切になりますね。

 

ワイズワンホームは「売却の窓口」に加盟していますので、専門の担当者が査定をします。
今お住まいのご自宅がいくらで売れるのか一度査定をしてみませんか?

無料査定はコチラよりお願い致します。