「大手不動産会社」 vs 「地元不動産会社」不動産売却を依頼するにはどちらがいいの?

売却を依頼するには、大手不動産会社がいいのか、それとも地元でやっている中小の不動産会社がいいのか、迷うところだと思います。大手不動産会社または地元中小不動産業者に不動産売却を依頼するとき、それぞれどんなメリット・デメリットがあるか、まとめておきましょう。

 

不動産売却を大手不動産会社に任せるメリット・デメリット

▷▷メリット

  • 独自の全国ネットワークで買主情報が集まりやすい。
  • 全国に店舗網を持っている
  • 物件の情報を広く流す事ができる
  • 買主も多く集まってくる
  • 店舗が駅前や商店街など人通りが多い場所にあり、人が来やすい。
  • 資金力があり、広告を出しやすい

 

▶▶デメリット

  • 地域の特性理解では地元業者に劣る
  • 期間優先で売出し価格を低く薦めることも
  • 物件によっては広く情報を流しても意味がない
  • 「この地域で欲しい」という人が少ない
  • 対応が画一的になりがち。
  • 両手仲介にこだわり、高く売れる機会を失うことがある。
  • ノルマ達成のため、安値で売却することがある。

 

大手不動産会社のメリット

1.買主候補の情報を豊富に持っている

大手不動産会社は、顧客情報が多いことが最大のメリットだと言えるでしょう。
不動産売却に限らず、まずは名前の知っている大手を見てから考えるという方は沢山いますよね。
また、全国に店舗網を展開しているため、ネットワークが広く、故に顧客の情報が全国から集まります。
買主候補の母数が多いので、購入希望者とのマッチングがしやすいとも言えます。不動産を売買しようと考えている人は、とりあえず大手の不動産会社に話を聞きに行くことがほとんどです。

 

2.取引の途中で倒産するリスクが無い

会社の基盤が安定していて倒産する可能性が低いことも大手不動産会社を選ぶメリットの1つでしょう。
多少景気が悪くなったとしてもすぐに倒産することはないので、何かあったときでも安心して任せておくことができます。

 

大手不動産会社のデメリット

1.地域の特性や地元の詳細情報は地元の不動産会社が有利

いくら全国各地に顧客を抱えており、多くの購入希望者に物件を紹介できるとは言え、地元独自のコネクションでは長年その地域で不動産を取り扱っている会社の方が地域の特性を理解しています。

面積や価格の他にも、
学区の区分
町内会の仕組み
周辺の治安

など、さまざまなことを購入希望者は気にします。

 

2.ドライな対応

大手不動産会社では担当者は取り扱っている案件が多いため、条件の良い顧客(安くても早く売却したい顧客)を優先する場合があります。できるだけ高い値段で売却したいと思っていても条件が厳しいと判断され、後回しにされて売却までに時間がかかる場合があります。一件一件親身になってくれるとは限らないということです。

「面倒くさくて一つ一つの問い合わせに丁寧に対応していられない」というのがホンネではないでしようか。
また、社内での人事異動もあるため、途中で担当者が変わったりすると後任者と上手く話が合わなかったりする場合もあります。

 

不動産売却を地元中小不動産会社に任せるメリット・デメリット

▷▷メリット

  • その地域の特色をよく理解している
  • 「その地域で」探している濃い買主が集まる
  • 地域の過去の取引データを知り尽くしている
  • 査定額の精度が高く、予想売却期間も正確
  • 地元の購入希望者の情報が集まりやすい
  • きめ細かい対応ができる
  • 古くから営業し、顧客情報の蓄積がある

 

▶▶デメリット

  • 広い範囲の情報量では大手に劣る
  • 全国には対応していない
  • かけられる広告費が大手よりも少ない
  • 地元以外の顧客情報は集まりにくい
  • 業者・担当者の力量にバラつきがある
  • 売りにくい物件は放置される場合がある

 

地元中小不動産会社のメリット

1.地域に密着している

地元で長年不動産を取り扱っている老舗のような不動産会社では、年月をかけて培ったその地域独自の情報を持っていることがあります。
例えば地元の大地主などと昔からの付き合いがあり、大手不動産では任されない物件を取り扱っている場合があります。また、物件の周辺環境(学区の区分や町内会の仕組み・周辺の治安など)にも精通していることが多いです。

 

2.柔軟な対応

地元では口コミが大きな影響力を持っており、地元の人は周りの人の口コミを聞いて査定を依頼する不動産会社を決めることがあります。そこで地元の不動産は口コミでの評価をあげるために一件一件親身に顧客対応してくれることが多いです。

中小不動産会社なら、万が一何かあったときに会社側の確認作業も少なく済むため、スピーディーに対応してもらうことができます。大手と比較して取り扱い物件が少ないぶん、それぞれの物件売却に熱心に取り組んでくれるでしょう。

 

地元中小不動産会社のデメリット

1.会社・担当営業マンによって実力差がある

中小の不動産会社では会社の特徴が反映されやすく、昔のやり方に旧態依然として固執した会社や、社員が高齢で一つ一つの対応が遅く、動きが鈍い会社もあります。
また、個人のコミュニケーションの具合で周辺地域との関わりや、知識量が左右されやすく、属人的になりやすいといえます。

 

2.規模が小さい

大手と比較して、中小の不動産会社は買主の認知度が低く、情報が集めにくいため、新規の買主から信頼を得るのが難しいといえます。また、地元には精通しているものの、全国的に物件を取り扱っているわけではないので遠隔での取引に弱みを持ちます。
広告費にかけられる予算も決まっていますし、そもそも大手に比べて会社自体の認知度が低いです。

まとめ

大手と中小の不動産会社について、メリット・デメリットを比較してきましたがいかがだったでしょうか?
大手と中小にはそれぞれの得意分野があるため、「絶対にどちらが良い!」と断言できるものではないことが分かりましたね。
不動産売却は“売却主であるあなた”と“不動産会社の営業マン”の相性も大切になります。

不動産について安心して相談できる営業マンがいるのかどうかをしっかりと見極めて、あなたにぴったりの不動産会社を見つけてみてくださいね。

頼れる営業マンを見極める6つの方法~デキるかどうかで売れ行きが左右されます~【ワイズワンホーム】

不動産査定をするなら【売却の窓口 西宮店】ワイズワンホームへ

ワイズワンホームは、お店もスタッフもみんな西宮出身です。豊富なエリア情報を基に、適正価格のアドバイスをします。

あなたのご自宅を正しく評価し、付加価値を付けて高値売却を実現させます!
独自の査定システムに基づき、物件ごとの個別要因を数値化し、正確かつ分かりやすいオリジナルの査定書として高い評価をいただいています。

不動産売却の成功には、市場動向を考慮した適正な売出価格を知ることから始まります。

ワイズワンホームは、売却専門のスタッフが、査定書について分かりやすく丁寧に解説しますのでぜひご自宅を査定してみませんか?

 

無料査定はコチラよりお願い致します。