レインズとは、不動産の売却のための情報交換システムのことです。

不動産売却で知っておきたい「レインズ」って何?

不動産にまつわる話をしていて、「レインズ」という言葉がでてくることがあると思います。
レインズっていったい何?と思いませんか。

レインズとは、不動産の売却のための情報交換システムのことです。
Real Estate Information Network Systemの頭文字をとって、REINSです。
不動産会社専門の物件検索サイトのことです。
日本語では、“不動産流通標準情報システム”と呼びます。

不動産会社に集まってくる「売りたい」「買いたい」という情報をマッチングさせることで売買契約を成立させる役割を持ちます。
不動産会社が会員となって、パソコンの端末を結び、物件の登録情報を即座に検索してくれます。

不動産売却で知っておきたい「レインズ」はどのような仕組み?

日本全国に不動産はあります。
物件を探すのに、私たちはどうしたらいいのでしょうか。

まずは不動産会社に行き、売買の仲介を依頼するのが普通だと思います。不動産会社はそれぞれの地域にある多くの不動産の情報と知識を持っていますが、それでもすべて網羅しているわけではありません。
地域にはさまざまな不動産会社があって、それぞれが個別に担当している物件などもあります。

そうした情報を得るために、いちいち街中の不動産会社をまわっていくのはたいへんな事です。
そのため、情報を集約し、各不動産会社をつなぐ必要が生じました。そして平成2年5月に導入されたのがレインズです。

土地や住宅を中古で売りたい方、買いたい方は、不動産会社に不動産を買いたい・売りたい相手の情報を聞いたり、物件の検索を依頼したりします。このことを、「媒介」と呼びます。

レインズには不動産売却のどんな情報が掲載されているの?

レインズには日本全国のマンションや一戸建て住宅・土地などの売却・賃貸物件情報を掲載しています。
全国の不動産会社が登録をしているため、その数は膨大な数に及びます。

不動産売買でレインズを使うメリット

不動産を「売りたい」「買いたい」方それぞれに、レインズを利用することで以下のようなメリットがあります

(1)不動産を売りたい場合

売主は、不動産業界全体から買い手を探してもらうことができます。そのため、早期に物件を売ることができるようになります。実際の取引事例から最近の市場動向を把握することができるので、適正な売却価格の設定をすることができます。

(2)不動産を買いたい場合

どこの不動産会社でみても同じ物件情報なため、複数の不動産業者をまわらなくとも、すべての物件情報が手に入り、リアルタイムで最新の情報の中から、物件を選ぶことができます。

 

仮にレインズがなかった場合、売主はなかなか買い手を見つけることができず困ってしまうでしょう。
また、買主を見つけるために大幅な値引きなどにも応じなければならなくなります。買い手の購入希望者の場合は、希望の条件に合致した物件を探すのに、何軒もの不動産会社を巡らなくてはなりません。

また、不動産業者からの情報も不正確なものが混じっている可能性があるため、購入に失敗する可能性が出てきます。さらには、割高な物件を紹介されてしまう可能性もあります。

不動産売却時にレインズにはどうやって登録できる?

レインズには媒介契約を結んだ不動産会社が登録します。

会員となっている不動産会社がサイト上で物件情報を登録することによって、レインズに掲載されます。

不動産を売却したい人は、媒介契約を結んだ不動産会社に物件情報を登録してもらうことで、自分の物件が日本全国津々浦々の不動産会社の目に留まることとなります。

では売主が掲載を頼まないと、レインズに掲載してもらえないのかというと、そういうわけではありません。
売主と不動産会社が媒介契約を結ぶと、専任媒介契約の場合は7日以内、専属専任媒介契約の場合は5日以内に、レインズに登録しなければならないという義務があります。
ただし一般媒介契約の場合にはその義務はなく、レインズへの登録は任意となっています。

そのため、一般媒介契約をした人は、念のために不動産会社にレインズの登録が終わっているかどうかを確認しておいた方が良いでしょう。

不動産売却の情報、レインズを自宅のパソコンで見れる?

レインズは不動産会社のパソコンでのみ閲覧できるので、家庭のパソコンでは見ることができません。
しかし、同じ公益財団法人不動産流通センターが運営している「不動産ジャパン」というサイトがあり、ここでレインズにほぼ近い物件情報を知ることができます。
(不動産ジャパン http://www.fudousan.or.jp/)

 

レインズと他の不動産情報サイトとの違いは?

SUUMOやLIFELL、HOME’Sなどの不動産情報サイトは、掲載をするのにお金がかかるので、売却に出ている物件の中には掲載されていないものもあります。
その点レインズは、ほとんどの不動産会社がレインズの会員になっていて、しかも一般媒介契約以外の物件は掲載を義務づけられています。
不動産市場に出ているほぼすべての物件を網羅しているのが、レインズの大きな特徴です。

まとめ

レインズは指定流通機構に登録している不動産会社しか閲覧できないものですが、現在はレインズと同様の情報が一般公開されています。
不動産売買にあたっては、このようなサイトを利用し取引価格相場など情報収集をすることが大切です。
実際に不動産会社を訪ねなくても物件情報を閲覧・検索することができるので、不動産売買をしたい方はぜひ活用してみてください。
今回取り上げたようなレインズが存在する意味や機能などを紹介しました!
不動産会社と一緒に積極的にレインズを活用して売却活動を成功させませんか?

不動産査定をするなら【売却の窓口 西宮店】ワイズワンホームへ

ワイズワンホームは、お店もスタッフもみんな西宮出身です。豊富なエリア情報を基に、適正価格のアドバイスをします。

あなたのご自宅を正しく評価し、付加価値を付けて高値売却を実現させます!
独自の査定システムに基づき、物件ごとの個別要因を数値化し、正確かつ分かりやすいオリジナルの査定書として高い評価をいただいています。

不動産売却の成功には、市場動向を考慮した適正な売出価格を知ることから始まります。

ワイズワンホームは、売却専門のスタッフが、査定書について分かりやすく丁寧に解説しますのでぜひご自宅を査定してみませんか?

無料査定はコチラよりお願い致します。