この記事ではリノベーションの方法をお伝えしてまいります。

ワイズワンホームならリノベーションの際に、面倒なことは全てお任せいただけます。


新築マンション、新築戸建て(分譲・建売)、など新築を購入する場合、窓口は不動産販売会社が担っています。

支払いは、提携住宅ローンなど、比較的簡単に手続きできるよう予め準備されていることも多いです。

一方リノベーションでは、物件探しはもちろん、設計・工事なども入ってくるため、より多くの業者と自ら折衝をしていかなければならないことが通常です。

物件探し → 不動産会社
設計 → 建築士事務所
工事 → 工務店
内装 → インテリア会社

など、複数会社との打合せが必要です。

支払いも、不動産購入費・設計費・工事費などを別々に、それぞれのタイミングでそれぞれの会社に支払っていく必要があります。

現金払いの方はいいのですが、住宅ローンの場合はかなり複雑です。

このような支払方法に対応していない銀行もあるので、銀行選び・住宅ローン選びは難しくなります。

賃貸に住んでいて、これから初めて物件を購入する人にとっては、これらの手続きはかなり面倒です。

安く中古物件を買って自分の好きなようにリノベーションしたいと思っても、いざ始めるとどうやればいいのか解らない。

不動産会社、設計事務所、工務店、皆さん親切だけど、立場が違うのでそれぞれがバラバラのことを言う・・・一体誰の話を信じていいのか?

しかも、自分の給与振込先の銀行ではリノベーションの住宅ローンは取り扱っていない。

困りました。

で、結局のところ、「リノベーションは諦めて、住宅ローンが組める新築を買った」「新築だと不動産販売会社に任せておけば購入できた」これはよく聞く話です。

本当にコレが正解なんでしょうか?

新築マンションはキレイでいいけど、予算オーバーになった。
自分の住みたい場所から離れてしまった。
一般的なデザインは悪く無いけど、ありきたりで思い入れが持てない。
住宅ローンは販売担当者の言うままに組んだけど将来大丈夫? 

そこで、これらの問題を解決するために、ワイズワンホームでは、リノベーションを考えるお客様の、不動産探しから設計・工事・インテリアはもちろん、ライイフプランや住宅ローンの計画まで、全て一元化してお客様のリノベーションを全面的にバックアップさせて頂いております。

自分たちだけでは難しい問題も、ワンストップでサポートできる会社が付いているので安心して「中古購入×リノベーション」という新しい住宅購入が実現できます。

木造の場合、築30年以上の物件になってくると建物の価値はゼロになってくるので、購入金額はほぼ土地の金額となってきます。

そのため物件を購入した後、資産価値としてはほとんど落ちずにそのままの状態が継続することになります。

まだお部屋がキレイな状態だと価格が安いのでお得そうに見えます。

ただし、築年数の古い物件の場合、一見リフォームされていたとしても、見えるところだけの表層リフォームであることが多いのです。

つまり、一旦壁を剥がしたり、設備関係のメンテナンス状態をチェックすると、裏側はボロボロになっているといったこともあります。

木造の場合は、壁内結露と言われる内壁と外壁の間に温度差ができ結露することがあります。

その場合、中の断熱材(グラスウール)が結露で濡れてしまい壁の中は黒カビだらけ。

見た目では分かりませんが、壁内はボロボロということもあります。

また、浴室廻りや床下などでシロアリの被害がある場合も。

天井裏やバルコニーとサッシとの取り合い部分などでは雨漏りしていることもあるので注意が必用です。

そういったことからも建物現況調査(インスペクション)を行うことが大切です。

そして建物に何か不具合があった時には補償がある瑕疵保険への加入をお薦めしています。

通常の不動産会社は建物を売ったら終わりです。

その後、リノベーションするかどうかは関係ないので、インスペクションや瑕疵保険の取り扱いを行ったことが無い担当者も多いです。

もし、心配なら物件を案内してくれた不動産担当者にこれらのことを質問して下さい。

曖昧な回答しか返ってこない担当者なら避けた方が良いかもしれません。


戸建て・マンション共通して言えるのですが、古い建物の場合は水廻りの配管に注意です。

古いままで新しいものと交換されていないような状況ですと、その工事費用は後からかかってくることになります。

そうなると物件を購入してから交換修繕をしていかなければならないということになりますので、購入する物件がどのどういう状態にあるのかは購入前にきちんと調査し、判断しておかなければなりません。

購入前に大事なのはいわゆる建物全体の健康状態です。

戸建ての場合は何となくイメージしやすいと思いますが、マンションの場合は、浄化槽のポンプであったり、配管の腐食度合いであったり、階段のスロープや駐輪場のフェンスの状態、水回りの腐食、全体的なメンテナンス状態など、一つ一つチェックしていく必要があるのです。

また修繕金の積立状況なども含めて、物件を管理している不動産会社に細かく調査関係の資料を見せてもらう必要があります。

もちろんお客様はこのような知識や何を調査すれば良いのかということはご存じありません。

そのためワイズワンホームでは、お客様がリノベーションをしたいとお考えの物件を見つけた際には、ご契約の後、お客様に代わって不動産会社や管理会社からいただいた資料をもとに、物件の状況を細かくチェックし、お客様に報告するということをさせて頂いております。

鉄筋コンクリートの構造体は、100年くらい持つと言われていますので、基本的には築30年のマンションであっても、現居住者がお住いになられている間は、十分に住み続けることができるということが言えます。

構造体がどれだけしっかり作られているかは管理会社の資料で分かりますので、それもお伝えしております。

リノベーションでは基本的に、お客様がどんなライフスタイルで、そこでどんな暮らしが出来るかを中心に考えて設計します。

お客様が日々の生活で大事にされていることや、趣味を楽しめること、毎日をワクワクして暮らすことをリノベーションの中心に据え、そこからプランしていくという設計の進め方です。

大切なのは何を作るのか形ではなく、リノベーションした空間でどんな暮らしがが出来るのか。

お客様、設計士、コーディネーターが一緒になって考え、新築マンションや建売住宅などの画一的デザインとは違う、世界にひとつアナタだけの家を創ります。

私たちは同じ家を創ったことがありません。

今まで手掛けた家は全てオンリーワン。唯一無二のオリジナルです。

自分たち家族だけのオリジナル空間に、お気に入りの家具やインテリアを配置して、毎日を楽しみながら暮らす。何物にも代えがたい素晴らしいものです。

自分だけの空間を所有する喜び、そしてその家で楽しみながら生活する。考えただけでもワクワクしませんか?

施工事例

お問い合わせ・資料請求は下記フォームよりお気軽にご連絡ください

必須メールアドレス
必須お問い合わせ項目を選択してください 売却相談物件探し小冊子請求セミナー参加リノベーションのご相談ショールーム見学希望その他
お名前
電話番号
選択項目について内容を詳しくご記入ください

※送信することによってワイズワンホームのプライバシーポリシーに同意したものとします。
※携帯端末でドメイン指定をされている方はメールが届かない恐れがありますので、届くように設定をお願いします