売却の流れflow

  • TOP>
  • 売却の流れ

不動産売却の基本的な流れ

不動産売却を成功させるなら最初に手続きの流れを把握しましょう

不動産売却は、さまざまな手続きを効率よく進めるのが成功への近道です。少しでも時間をかけず売買契約を成立させるには、どんな手順で不動産が売却されるか理解しておくと役立つでしょう。そこでこちらでは、西宮市や宝塚市で不動産売却・買取を手がけるワイズワンホームがお住まいを買い替えるときの手順や不動産売却の基本的な流れなどについて解説いたします。

お住まいの買い替えが決まった際の手順

お住まいの買い替えが決まった際の手順

現在のお住まいを買い替える場合、入居中の物件の売却と新しい物件の購入が必要です。一般的に、これら2つの手続きを進める際にはタイムラグが生じます。タイミングが悪いと2つの物件を所有する事態になり固定資産税を2重に課されるケースや、所有している物件の売却後に新規物件の準備が間に合わず仮住まいになる場合があります。これらのトラブルを避けるには、最初に新規物件の購入が先か所有物件の売却が先か決めておいたほうが安心です。

売り先行の仕組みや特徴

売り先行とは、最初に現在のお住まいを売却してから新しく入居する物件を購入する方法です。この方法には、以下に示すメリットやデメリットがあります。

メリット 所有物件の売却価格が決まると、新規物件を購入するための資金計画を検討しやすい。
不動産売却を急ぐ必要がなく、いくらで売るかなど一通りの手続きを落ち着いて進められる。
デメリット 現在のお住まいを買主様にお引き渡しするまでに新規物件を用意できないと、仮住まいになる可能性がある。
仮住まいする必要が生じた場合、2度にわたる引っ越しのため手間や費用が倍増する。

お住まいの買い替えで売り先行するときは、これらの点をふまえておくことが望まれます。

PICK UP不動産を上手に売却するタイミング

不動産を売却する際には、買主様の目線で手続きを進める姿勢が大切です。売却のタイミングでとくに大切なポイントとしては、1.不動産を売却する季節、2.物件の築年数、3.不動産を所有していた期間、4.近隣地域の市場動向が挙げられます。

買い先行の仕組みや特徴

買い先行とは、新たな入居先となる物件の購入手続きを済ませてから、いま所有している物件を売却する方法です。この方法には、以下に示すメリットやデメリットがあります。

メリット どの物件を新居に選ぶか、じっくり時間をかけて決められる。
入居中の物件を空き家にできるため、売却時の印象がよくなりやすい。
デメリット 新居の購入後に以前の物件をすぐ売却できないと、税金や住宅ローンは2重になる恐れがある。
いつ以前の物件が売れるか不確定であり、計画通りに資金を準備できない場合がある。

お住まいの買い替えで買い先行するときは、これらの点をふまえておくことが望まれます。

不動産売却を成功に導くためのスケジュール

お住まいの買い替えなどで不動産売却を成功させるには、以下に示すスケジュールの流れで進めるのが基本です。

STEP1物件査定&不動産会社探し

STEP1.物件査定&不動産会社探し

まず不動産売却で着手する作業は、売却物件の査定です。売主様は、物件査定を通して所有する不動産にどれくらい価値があるか把握できます。同時に、売却手続きをサポートしてくれる不動産会社を探します。不動産会社には売却価格や販売時期のご希望を伝え、どんな流れで売却が進んでいくか確認しておきましょう。

STEP2媒介契約の締結

STEP2.媒介契約の締結

不動産会社が決まったら、媒介契約の締結です。媒介契約は専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があるので、ご自分のニーズに合うタイプを選びましょう。契約手続きでは、不動産名義人様の自著・認印を必ず準備してください。不動産名義人様が来られない場合、郵送や委任状で対応しても大丈夫です。

STEP3販売・広告準備

STEP3.販売・広告準備

媒介契約が成立したら、販売・広告の準備を進めましょう。物件の販売・広告を始める前には、役所関係および管理会社に対する物件調査および公課証明・評価証明の取得が必要になります。少しでも早く売却するには、物件のお手入れも大切です。室内を整理しておくと、内見があったときなどに好印象です。空き室の場合、モデルルームのように家具を配置するとよいでしょう。部屋のセッティング後に広告用の写真を撮影し、建物の現状をチェックするホームインスペクションと瑕疵保険検査を実施します。最後は、新築時の資料、設置仕様書、点検時の資料および修繕・リフォーム時の資料をまとめた住宅履歴を作成しましょう。なお物件調査、各種証明の取得、空き室のセッティングと写真撮影は、当社で対応いたします。

STEP4販売・広告活動

STEP4.販売・広告活動

一通りの準備を完了したところで、販売・広告活動の開始です。最初に、売却物件の情報をREINS(レインズ)に登録します。REINSは、国土交通大臣に指定された不動産流通機構が運営しているネットワークシステムです。このシステムは、事前登録している不動産会社のみ利用できます。さらに不動産会社のホームページや不動産情報サイトにも物件情報を掲載し、購入希望者様を募ります。購入希望者様から内見を希望されたら、いつ実施するか日程を決めましょう。当日は、とくに不都合がなければ売主様も現場に立ち会っていただくことになります。なおREINSへの登録作業、ホームページや情報サイトへの広告掲載、購入希望者様からお問い合わせがあった際の対応は当社でお引き受けいたします。

STEP5売却決定

STEP5.売却決定

売主様や不動産会社に購入したいとのご連絡があれば、購入希望者様と売買契約の交渉に入ります。契約交渉では、実際の売却価格や物件をお引き渡しする日程などについて話し合います。契約条件がまとまり、売主様と購入希望者様との間で合意が成立すると売却決定です。売買契約を締結したら、買主様から手付金を受け取ります。その際、契約内容は改めて確認しておきましょう。

STEP6お引き渡し

STEP6.お引き渡し

売買契約の成立後には、お引き渡しの準備を済ませます。通常、瑕疵保険と設備保証への申し込みと住宅履歴の名義変更は欠かせません。これらは、当社で手続きを進めます。また住宅ローンの返済が終わっていない場合、金融機関で完済準備の手続きを申請します。最後に、お引っ越しの後やお引き渡しする前の売主様、買主様、ならびに不動産会社による物件内の最終確認も忘れずに済ませましょう。

STEP7税・確定申告(お引き渡し翌年)

STEP7. 税・確定申告(お引き渡し翌年)

不動産売却により利益を得たときは、譲渡所得税が課されるため確定申告が必要です。申告時期はお引き渡しの翌年になり、事前に必要書類を取得しておきます。たいてい確定申告の受付期間には、税務署の窓口が混み合います。インターネットを利用せず窓口に足を運んで手続きする場合は、早めに準備を進めておきましょう。

STEP8リノベーション打ち合わせ(買主様)

STEP8. リノベーション打ち合わせ(買主様)

不動産の売却後、当社は買主様からご要望があればリノベーションついて打ち合わせいたします。まず実施する手続きが、プランヒアリングです。買主様がどんなリノベーションを望まれているか、詳しく確認いたします。当社では、プランヒアリングの結果をふまえオリジナルのリノベーション方法をご提案しております。

ワイズワンホームは、最後までしっかり売主様をサポートいたしますので安心して物件売却をお任せください。

不動産を買い替えるときの手順や売却の流れについて疑問や不明点がある場合、
また無料査定をご希望であれば遠慮なく当社までお問い合わせください。いつでも、丁寧にご説明いたします。

不動産の買い替えでは手順や売却の
流れの把握が大切
不動産売却の流れについてのお問い合わせは、
ワイズワンホームまで

トップに戻る