家を売ろうと思ったきっかけは?みんなはどんな理由で家を売った?

家を売ろうと思ったきっかけはさまざまです。自分と同じような理由の人はいるのか、他にどんな理由があるのか気になりませんか?

今回は、家を売ろうと思ったきっかけにはどんな理由があるのか、詳しく見ていきましょう。

買主は気にしている!家を売ろうと思ったきっかけ

家を売却するときは自分が売主です。購入を希望する人は、「本当にこの家を買っていいのか?」と、とても慎重に判断をします。なぜ家を売るのか理由が気になるものです。

購入する方からしてみれば、まだ住める状態なのに「なぜ家を売るの?裏があるのか?」と不安に思うのも仕方ありません。

購入希望者は必ず“売却理由”を聞きます。売却理由を明確にしておくために、一度きちんと整理をしておきましょう。

具体的にどんな事がきっかけで家を売ろうと思ったのか見ていきましょう。

家を売る主なきっかけは?

「より良い家に住み替えるため」
「家を売って現金化」
「売り時を逃さないため」
「住まなくなった」

家を売るきっかけは人それぞれですね。
さらに詳しく見ていきましょう。

「より良い家に住み替えるため」

・子供が大きくなり、今の間取りが使いにくい。
・子供部屋を作りたいが部屋が足りない。
・子供が増えたのでもう少し広い家に住みたい。

・子供が独立し夫婦二人で広すぎる。

・結婚を機に二人で住むことになり狭くなった。

 

家族構成の変化がきっかけで家を売るという理由は一般的です。より快適に生活するために住み替えが必要になるというパターンです。

 

「家を売って現金化」

・まとまった資金が必要になった
・住宅ローンの支払いが厳しい

経営していた会社の状況が悪化し借金をしたり、予期せぬ退職をしたりすることがあります。さらに、病気などで仕事を続けられなくなることもあり、経済的な理由でやむを得ず家を売るパターンです。

購入当初は十分にローン支払い能力があっても、将来の経済状況は誰にも予想できないものです。

「家の売り時を逃さないため」

・査定が高く出たので売り時と思った
・税率の改正前だから

・不動産会社から「今売らないと損」「今が一番高く売れる」などと言われて、焦って売った

 

不動産価格は、売却時期により変動します。需要が高い時期に売却を検討していると、査定額が高くなることがあるでしょう。今が売り時と感じて住み替えを検討する人もいます。

また、家を売るというのは大事な資産を手放すことでもあるので、売却を急かされても焦って売ろうとせず、自分自身が100%納得しないまま売ってしまうのは避けましょう。

 

「住まなくなった」

・離婚することになった
・転勤になった
・相続した家には住まない

転勤や離婚のように、仕方なく家の売却をするという理由や、相続によって手に入れた不動産を「住まない」という理由で売却するパターンです。

 

まとめ

家を売却する理由は、人それぞれです。前向きな理由で売却する方もいれば、後ろ向きな理由で売却する方もいます。

自分が購入する立場になったときに、どのようなことが知りたいかを想像すれば売却理由を的確に伝える事が大切だという事が分かりますね。

さらに、売却理由は売却価格に多少なりにも影響を与える可能性があります。また、告知義務がある場合もあるので、不動産会社に対しても誠実に事情を伝えることが大切と言えるでしょう。

売却を進める際には、あらかじめ想定される質問に対応できるように売却理由をまとめておくとよいですね。特に居住しながら売却をするときは、売主が内覧に立ち合うことになります。

内覧時、購入希望者は直接売主に質問ができることで、安心感につながる可能性があります。また、売主の印象がよければ購入の後押しができるメリットもあります。

 

不動産査定をするなら【売却の窓口 西宮店】ワイズワンホームへ

ワイズワンホームは、お店もスタッフもみんな西宮出身です。豊富なエリア情報を基に、適正価格のアドバイスをします。

あなたのご自宅を正しく評価し、付加価値を付けて高値売却を実現させます!
独自の査定システムに基づき、物件ごとの個別要因を数値化し、正確かつ分かりやすいオリジナルの査定書として高い評価をいただいています。

不動産売却の成功には、市場動向を考慮した適正な売出価格を知ることから始まります。

ワイズワンホームは、売却専門のスタッフが、査定書について分かりやすく丁寧に解説しますのでぜひご自宅を査定してみませんか?

無料査定はコチラよりお願い致します。