不動産売却の基礎知識➁study2

  • TOP>
  • 不動産売却の基礎知識➁

不動産会社の選び方や売却時の注意点

売主様にとって不動産会社は不動産を売却するときの大切なパートナー

不動産を売却する際、不動産会社は売主様にとって大切なパートナーです。どの会社に仲介を頼むかは不動産売却を成功させる上で重要であり、あらかじめ会社選びのポイントは押さえておきたいところと考えられます。そこでこちらでは、西宮市や宝塚市で不動産売却・買取を手がけるワイズワンホームが不動産会社の選び方や売却時の注意点などについて解説いたします。

不動産会社の選び方

大手不動産会社か中小不動産会社か

大手不動産会社か中小不動産会社か

不動産売却で仲介を依頼する不動産会社を選ぶとき、とくに肝心となるポイントは売主様の立場で販売活動を進めてくれるかどうかです。

売主様は、不動産売却を大手の会社に任せれば安心かもしれません。実際は、担当者が多くの案件を抱えていると売主様への小まめな対応は難しくなる傾向にあります。中小の会社は、大手ほど知名度がなくても物件情報の発信力が劣るわけではありません。担当者がネットやチラシを活用しながら熱心に販売活動すれば、購入希望者が見つかる可能性は十分にあります。

その意味で不動産会社の規模は大した問題でなく、業務に対する熱意が重要といえます。

PICK UP 不動産売却チャンネル「【疑問解決】売却依頼は大手or地元 どっち?」

昨今の動向をふまえると、不動産売却の仲介はネット掲載の上手な不動産会社に頼むのが得策です。最近、ほとんどの購入希望者様は物件情報をネット検索します。地元の小さな不動産会社でも、担当者がサイトで売却物件の特徴を魅力的にアピールできれば、多くの購入希望者様の興味を呼び起こせます。

不動産売却の実績がどうか

不動産売却の実績がどうか

不動産会社を選ぶときは、どれくらい不動産売却の実績があるかのチェックが大切です。たいていの会社には、得意分野があります。これまでに豊富な実績を積み重ねていれば、その分野を得意にしていると考えられます。そのため不動産売却の仲介を依頼するときは、どれだけ過去の売却実績があるかホームページなどでの事前確認は欠かせません。

査定額の根拠を丁寧に説明してくれるか

査定額の根拠を丁寧に説明してくれるか

不動産会社に売却物件を査定してもらった際、担当者が査定額の根拠を丁寧に説明してくれれば安心と考えられます。物件査定で重視される項目は、不動産会社により必ずしも一律ではありません。いろいろと異なる不動産会社の考え方を知りたいときは、複数の会社に物件査定を頼むのがおすすめです。そこで査定額の説明に納得できる会社を依頼先に選べば、安心感は高まるでしょう。

担当者がパートナーとして信頼できるか

担当者がパートナーとして信頼できるか

不動産売却の会社選びでは、担当者がパートナーとして信頼に足るかどうかも見逃せないポイントです。売主様にいろいろ疑問や不明点がある場合、担当者ができるだけ分かりやすく説明してくれれば頼れる存在といえます。会社の都合ばかり考えているとしたら、望ましくないでしょう。あくまで売主様の意向を最優先し、どんな方法で販売活動すれば希望通りに不動産売却を成功できるか親身になって一緒に考えてくれるなら依頼先として十分にふさわしいと判断できます。

PICK UP 不動産売却チャンネル「【必見!】頼れる営業マンを見極める6つの方法」

不動産売却で頼れる営業マンを見極める主な判断基準は、売り急がない姿勢、物件調査や連絡対応のスピード、物件のデメリットを教えてくれる親切さ、ヒアリング能力、基礎知識、宅地建物取引士の資格の6つです。

売却時に注意すること

売却時に注意すること

不動産を売却するとき注意したい点は、主に瑕疵問題、不動産会社による囲い込み、不透明な仲介手数料の請求、口約束と売買契約書の不一致、契約がキャンセルされる問題の5つです。不動産会社を安易に選ぶと、これらのトラブルを招きやすくなります。トラブル防止には、十分に信頼できる依頼先を探すことが重要です。

瑕疵問題

瑕疵問題

不動産売却では、物件の瑕疵をめぐる問題がよく発生します。法律上、売主様は物件の瑕疵について担保責任を負います。見落としていた傷みが売却後に発覚した場合も、この責任は免除されません。そのため、売主様は売買契約に瑕疵担保免責特約を付すのが一般的です。ただ売却前に瑕疵を把握しながら通知を怠ると、適用されません。買主様が購入後に瑕疵を見つけると、それを売主様が以前から把握していたかどうか問われるトラブルがよく起きます。

PICK UP 不動産売却チャンネル「【知ってる?】既存住宅売買瑕疵保険」

不動産を売却する際は、既存住宅売買瑕疵保険に入るのがおすすめです。この保険に入っていることは売却物件が厳しい加入条件を満たしている証明になり、物件の付加価値を高める大きな効果が見込めます。

売らない問題

売らない問題

不動産会社選びを早まると、囲い込みによる売らないトラブルに見舞われる可能性があります。囲い込みとは、不動産会社が物件情報を他社に提供せず独占する手法です。この手法を用いれば売主様に自社で見つけた購入希望者様だけを紹介できるため、売買契約が成立すれば仲介手数料をすべて手に入れられます。少しでも多くの仲介手数料を取得したいと考える会社が囲い込みを行っていると他社を利用する購入希望者様に物件情報を知ってもらえず結果的に売らないトラブルにつながるため、十分に注意しなければなりません。

PICK UP 不動産売却チャンネル「【囲い込み防止対策】」

囲い込み防止には、REINS(レインズ)に不動産情報が登録されているか確認するのが有効です。ここに一通りの情報が適切に掲載されていれば、他社も購入希望者様に物件を紹介することが可能になります。

仲介手数料問題

仲介手数料問題

売主様と不動産会社との間でよく起きる問題が、仲介手数料をめぐるトラブルです。通常、不動産会社に不動産売却の仲介を依頼すると、売買契約が成立したとき成功報酬として仲介手数料を支払います。法律上、仲介手数料には上限が定められています。ただ、明確な金額は決まっていません。そのため、不動産会社によっては必要以上に多額の手数料を請求するケースが見られます。そんなトラブルを避けるには、仲介契約を交わすとき金額を確認しておくと安心です。

仲介手数料の仕組みや当社が実施している金額を安くする方法については、
この後で詳しく説明しているので参考にしてください。

当社を利用すると仲介手数料は半額に
仲介手数料の仕組みや当社が半額にできる理由を知るならこちらをご覧ください。

契約書の内容が異なる問題

契約書の内容が異なる問題

実際に不動産売却を進めるなかでは、よく口頭での約束と売買契約書の内容が食い違うトラブルが発生します。この問題は、あらかじめ不動産会社が口頭で説明していた契約条件と契約書の記載内容が異なるトラブルです。売主様にとって不利な条件が事前に不動産会社から伝えられないまま知らないうちに契約書に追加されているケースは、少なからず見られます。一般的に口約束は、法的な拘束力を持ちません。トラブル防止には、不動産会社と取り決めた事項を口約束でなく書面に記録する心がけが不可欠です。

契約キャンセル問題

契約キャンセル問題

不動産売却では、すでに同意の得られた売買契約を買主様がキャンセルする問題も起きています。売主様は、書面上で締結した売買契約がキャンセルされた場合であれば違約金の請求が可能です。ただ買主様によっては、なかなか違約金の支払いに応じないケースが見られます。そんなトラブルを避けるなら、契約を交わす前にはキャンセルするときの違約金について打ち合わせを怠れません。口約束に法的効力はないため、確認事項は書面に残しておくことが必要です。

どんな方法で信頼できる不動産会社を探せばよいかお悩みのときは、お気軽に当社へご相談ください。
いつでも、会社選びのポイントについて丁寧に説明いたします。

不動産会社は不動産売却の大切なパートナー
どの会社を選べばよいか迷われたら、お問い合わせはワイズワンホームまで

トップに戻る