住宅履歴書を作成する理由。家に対する心理的な評価が変わります【ワイズワンホーム】

 

自分の持っている西宮・宝塚の物件や土地を売りたい!

と思ったとき、みなさんはどんな方法でそれを叶えますか?

 就職には「履歴書」

 健康管理には「健康診断書」

 車には「車検証」

などがあるように、家にも「住宅履歴書」というものがあります

家がどのようなつくりで、どのような性能があるか、また、建築後にどのような点検、修繕、リフォームをしたのか等を記録したものが住宅履歴書です。

具体的には、新築時の図面や建築確認の書類、点検の結果やリフォームの記録などです。

あなたの家の「履歴書」といってもいいでしょう。

 

住宅履歴書の必要性

家を売りに出すと、買い手はさまざまな角度から家を事細かく確認しようとするのが一般的です。

中古住宅といえば、

〇新築物件より問題が多そう
〇後から欠陥が見つかると困る  など

その家がいつ建てられ、どのようなメンテナンスをされてきたのか……など、不安がつきものです。住宅履歴書で、その不安を少しでも取り除けたら買い手の安心感にもつながりますね。

高いお金を出して家を購入するわけですから、細部にいたるまで「知りたい」と思うのは当然のことでしょう。

 

住宅履歴書の必要な項目

住宅履歴書に必要な項目は、

・施工写真
・図面
・関係各種申請などの設計施工に関する情報
・リフォーム・増改築・定期点検の記録
・災害時の記録等に関する情報  など

他にも、買い手側の立場になって「お得」で「安心」できると感じてもらえる情報を記載するのもおススメです。

例えば、

・近隣にある小中学校や施設
・国道などの情報
・主婦層が気になるスーパーやデパート、ホームセンターなどの情報
・交通網、病院、役所など公共の施設の記載

などもあれば買い手側にすればうれしい情報ですね。

 

住宅履歴書のメリット

「住宅履歴書」の作成は、今すぐ家を売りたいと考えている方だけでなく、将来的に家を売るかもしれないという方にも大変おススメです。「住宅履歴書」には、必ずこうしなければならないという決まりはありません。家の事が詳しく分かり、効率良く管理できるような項目をいくつか設けて、定期的に履歴書の見直しを行いましょう。そうすることで、修繕の必要がある箇所などをいち早く見つけることが可能で、長く大切に使い続ける事ができます。

家を売りたいと考えているが、実は我が家の事を良く知らないという方は、売却の前にぜひ家の「履歴書」を作成してみましょう。

家の履歴に関して口頭で答えるだけでも問題ありませんが、書面や写真、図、イラストなどで綺麗にまとめられている履歴書が準備されていると、それだけでも買い手に安心感や信頼感を与えることができるのです。

何十年も前に建築した家や購入したマンションの場合、必要書類の紛失などで全てをそろえるのに時間がかかる場合があります。そのためにも、家の売却を決めたら早急に家の「履歴書」作成の準備を行うようにしましょう。

 

まとめ

「住宅履歴書」は、存在価値は意外に大きく、売却時に大いに役立つということが分かりましたね。

一般的に一戸建てやマンションの評価額は年々低下し、約20〜25年でほぼゼロになると言われています。メンテナンスがされていなければ、建物の評価は無いと言っても過言ではありません。

ですが、この住宅履歴書があることで、適正な物件価値を判断する材料として利用することができ、買い手の評価が上がることになります。どのように手入れされてきた物件なのか、どれだけ愛着を持って大切に扱い、住んできたかということが分かることで、買い手が安心して購入を検討することができますね。

最近は、「家の履歴書を見せてほしい」という方が増えています。

住宅履歴書のある家とない家とでは、家に対する心理的な評価が変わります。こういった状況を踏まえ、住宅履歴書の作成を考えてみるのもいいかもしれません。

 

ワイズワンホームは「売却の窓口」に加盟していますので、専門の担当者が査定をします。
今お住まいのご自宅がいくらで売れるのか一度査定をしてみませんか?

無料査定はコチラよりお願い致します。