買い替えには『売却』と『購入』という2つの大きなイベントがあります。

 

自分の持っている西宮・宝塚の物件や土地を売りたい!

と思ったとき、みなさんはどんな方法でそれを叶えますか?

転勤、結婚、出産、お子さまの独立などにより、住み替えを予定されている方も少なくないでしょう。
住み替えとは、「現在居住している不動産を売却し、その売却資金を購入資金の一部に充て、新たな住宅を購入すること」をいいます。

住み替え・買い替えはタイミングが大切です!

住み替えには、
「家の売却」
「新居の購入」
という、2つの大きなイベントがあります。

売却・購入ともに、どちらからどうやって進めるべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?
住み替えを検討される方に向けて、進め方のメリットやデメリットをわかりやすくお伝えします。

住み替えのパターンは、大きく次の2つに分けられます。

 

1.売り先行(一般的なパターン)

2.買い先行(資金に余裕のある方向け)

“売却”と“購入”どちらを優先して進めるかによって、
売却を優先する「売り先行型」、
購入を優先する「買い先行型」の2パターンがあります。

それぞれの、メリット・デメリットをまとめてみました。

「売り先行」

現在の家の売却代金を、新居の購入資金にあてて行く方法です。
先に現在の住まいを売りに出し、売れる見込みが立ったら住み替える物件を探すという流れとなります。

売却額で妥協したくない人や、住み替える時期が差し迫っていない人にはこの方法が向きます。

先に現在の家を売りに出し、売れる見込みが立ったら住み替える物件を探すという流れです。
確実に売却代金を得た上で、購入する物件を検討する流れなので、資金計画が立てやすく、
きちんと計算し、納得して購入物件を決めることができるところが安心です。

〇メリット
・売却代金が先にわかるため、いくらくらいの新居が買えるのか、予め把握できる。
・引っ越しが差し迫っているわけではないので、焦って値引きをすることもなく、じっくりと売却活動ができる。

●デメリット
・タイミングよく新居が見つからないと、「賃貸への仮住いへの引っ越し」と、「新居への引っ越し」の2回の引っ越しが必要となってしまう。
・住みながらの売却となれば、きれいに住んでいないと内覧などではやや不利になりがち。

「買い先行」

現在の家の売却代金に頼らずに、新居を先に買う方法です。
資金にかなり余裕がある人が対象となります。

〇メリット
・理想の新居をゆっくりと探すことができる。
・仮住いの必要がなく、引っ越しが1回で済む。
・荷物を運び出した状態で内覧を行うことができる分、高めに売却できる傾向も

●デメリット
・売却代金に頼らずに、新居の頭金を用意しなくてはならない。
・家が売れるまでの期間、2つの住宅ローンを同時に払わなくてはならない。
・資金的に余裕がなければ、売却までつなぎ融資が必要になる場合もある。

 

結局どちらを選べばいいのでしょうか?

初めて住み替えをする方なら、売り先行をオススメします。
なぜなら先に売り値を把握しておくだけでも、購入の資金計画が立てやすくなるので住み替え先選びも失敗しににくなります。

買いを先行すると、家が売れないリスクが伴います。
もし売れなかった場合、多額の二重ローンに苦しむことになります。よって今の家が売れる目途が立った上で購入を進めていきましょう。

いずれにしても、買い替えは、所有不動産の売却価格を把握をすることから始まります。
今すぐの買い替え予定でなくても、所有不動産の現在の価値を把握しておくことは大切なことです。