不動産売却~高く売れる時期は1年で2回!1月~3月と9月~11月

不動産売却を検討している人で、以下のような考えを持ったことはありませんか?

・不動産が高く売れる時期はあるのか
・いつが売り時なのか

実は不動産売却には「売り時」ともいえる時期が存在します。不動産の売買が頻繁に行われる時期で、より高く・より早く売却できる可能性があります。

 

不動産が1年の中で一番売りやすい時期は?

家を売却するタイミングは、なかなか難しいものです。では、一年の中で最も不動産を売りやすい時期とはいつなのでしょうか。

売りに出す時期によっては、買い手が見つかりにくかったり、売りに出すタイミング次第では売却価格に大きな差が付く場合もあります。

1. 春の年度替わり 1月~3月

人が引っ越し先を探す転勤・入学の時期です。この期間であれば、ある程度高めの売り出し価格を設定しても売りやすいです。

大多数を占めるのが、「子供が小学校に上がるから」という理由で、2月ごろから不動産を購入しようと動き始めます。他にも新しく勤める会社の近くに引っ越したいので、入社前に合わせて2月から3月に不動産を購入する人が多いのです。

しかし、1月や2月に売却を始めたのではタイミングがずれてしまうことになります。
購入者側に十分な検討期間を与えられないことになり、あせって売り急いでしまい、値下げをしなければならなくなることがあります。

また、査定・売却を依頼する不動産会社を選定するのも、十分な時間の余裕を持って行いたいものです。あせって進めてしまうと、本来売れるべき金額よりも安く売られてしまう可能性もあります。

不動産市場が最も熱くなる1月から3月に成約できるようにするには、前年の12月頃には不動産仲介会社に査定を依頼し、売却に向けた活動を始めるのが良いですね。

2. 転勤の時期 9月~11月

1月から3月に比べるとだいぶ数が減りますが、9月から11月にかけての秋口も多いです。この時期も人事異動による転勤が多く行われる時期で、転居に伴う不動産の購入需要が高まります。第二の引越しシーズンともいわれ、ある程度有利に売却できる可能性があります。

転居をするのなら年内に引っ越し、新しい家で新年を迎えたいという心理が働いているのでしょうね。

1月から3月の時期に売却できなかった場合、その時期以降に売却を考え始めた場合は、この9月の時期に照準を合わせた売却活動を始めるのがベストです。

この場合も、前倒しで6月頃から査定や依頼する不動産会社の選定などの売却活動を始めることで、9月に転居を完了させたい方が8月に成約される流れにタイミングを合わせることができます。
その時期に売却ができなかった場合は、仕切り直して次のシーズンを待ち、12月頃から改めて売却活動を始めましょう。

その間に簡単なリフォームや補修など、物件に手を加えたり、売却価格の見直しを行うなど売却の準備を進めておきます。

 

まとめ

売却に出して、そのまま放っておけばいつか売れるだろうと考える方もいるかもしれませんが、保有していれば固定資産税がかかります。
また、マンションの場合は、管理費や修繕積立金などの支払い義務が続きます。持っているだけで、何もしなくてもお金がかかるのが不動産です。

住宅の場合は年数が経てば経つほど資産価値が下がり、売却できる金額も下がっていきます。

それらのさまざまな事情を総合的に考慮し、いつ売れば最良なのかを判断しましょう。それでも、その時期に必ず売れると決まっているわけではありません。
スムーズにできるだけ高い価格で不動産売却を行うためにも、信頼のできる優秀な不動産仲介会社を探して売却を依頼することが重要です。

不動産査定をするなら【売却の窓口 西宮店】ワイズワンホームへ

ワイズワンホームは、お店もスタッフもみんな西宮出身です。豊富なエリア情報を基に、適正価格のアドバイスをします。

あなたのご自宅を正しく評価し、付加価値を付けて高値売却を実現させます!
独自の査定システムに基づき、物件ごとの個別要因を数値化し、正確かつ分かりやすいオリジナルの査定書として高い評価をいただいています。

不動産売却の成功には、市場動向を考慮した適正な売出価格を知ることから始まります。

ワイズワンホームは、売却専門のスタッフが、査定書について分かりやすく丁寧に解説しますのでぜひご自宅を査定してみませんか?

無料査定はコチラよりお願い致します。