不動産売却の知識!「査定価格」「売出価格」「成約価格」3つの違いを比較

査定価格・売出価格・成約価格3つの価格の考え方

不動産の売却を検討した際に、まず気になるのが、「実際いくらで売却できるのか?」ということではないでしょうか。

一口に「不動産の価格」といっても、実はいくつか種類があります。主に以下の3つがあり、それぞれ意味や金額が異なります。

・査定価格
・売出価格
・成約価格

この3つの違いを、まず踏まえておきましょう。

売却予定の不動産が市場相場からかけ離れた売り出し価格の設定となっては、取引が成立するまでに長期化し、売却スケジュールが遅れてしまうことがあります。
満足のいく不動産売却ができるように、それぞれの価格の考え方についてご紹介します。

 

査定価格とは

売却査定価格とは、「3ヵ月程度で成約に至ると想定される価格」のことで、不動産会社が算出します。
不動産会社が持つ独自のデータや近隣の売り出し事例・取引事例などの客観的データを踏まえ、算出している価格です。

査定は、何社に依頼しても構いません。不動産会社によって査定価格は多少異なります。それによって、不動産会社の実力や信頼度を見極め、どこに依頼するかを決める材料にもなるでしょう。

 

売出価格とは

インターネットサイトやチラシなどの広告に出ている価格のことです。売主が「この価格で売り出す」と決めた売主希望価格ともいえるでしょう。売出価格は、仲介をする不動産会社が決めるわけではありません。不動産会社が出すのは、売出価格を決めるに当たって参考となる「査定価格」で、最終的に「売出価格」を決めるのは売主自身です。

 

成約価格とは

買主が見つかり、実際に売買契約を締結した際の取引価格です。売出価格とは一致しないことが少なくありません。

この価格は、不動産の相場を調査する際に非常に重要となるもので、物件を査定する際にも利用されます。また、全国の成約価格のデータはREINS(レインズ)にも取引情報としてデータベース化されています。

 

成約価格と売出価格は一致しない?

なぜ成約価格は売出価格と一致しないことが多いかというと、売出価格は売主の状況や思惑によって設定されるのに対し、成約価格は売主側・買主側双方の了承が必要だからです。

例えば、売主が価格重視であれば高めに、早期売却を考えていれば安めに設定されるケースがあります。しかし、成約価格は買主側の意向も反映されるので、価格交渉などによって売出価格より安く取引きされることがあります。
とはいえ、当初設定された価格から成約価格が大きく変化することは稀なので、売出価格は目安として参考にしたほうがいいでしょう。

 

まとめ

このように、段階によって不動産の価格は変わってきます。より良い条件で売却活動を行うためには、信頼できる不動産会社とよく相談し、いつまでに売りたいのか、どの時期に売出価格の見直しをするのかなどの売却プランを考えておくことも必要です。売却をするなら、相談に親身になって乗ってくれて、かつ明確なプランを提案してくれる不動産会社に依頼しましょう。

不動産査定をするなら【売却の窓口 西宮店】ワイズワンホームへ

ワイズワンホームは、お店もスタッフもみんな西宮出身です。豊富なエリア情報を基に、適正価格のアドバイスをします。

あなたのご自宅を正しく評価し、付加価値を付けて高値売却を実現させます!
独自の査定システムに基づき、物件ごとの個別要因を数値化し、正確かつ分かりやすいオリジナルの査定書として高い評価をいただいています。

不動産売却の成功には、市場動向を考慮した適正な売出価格を知ることから始まります。

ワイズワンホームは、売却専門のスタッフが、査定書について分かりやすく丁寧に解説しますのでぜひご自宅を査定してみませんか?

無料査定はコチラよりお願い致します。