不動産売却コラムCOLUMN

中古物件の〝家を演出〟ホームステージング

所有するマンションや戸建などの不動産をなるべく有利に売りたいなら、家を綺麗に見栄え良くしておく必要があります。

ホームステージングとは、家を演出すること。

中古住宅を売却するときでも新築と同じように、部屋をインテリアや小物などで飾り付けて、モデルルームのような空間にすることです。

例えば、こういう中古住宅の空室ですが、掃除しただけの状態だとこんな感じですね。スッキリして悪くはないんですけど、これをステージングすると

こんな感じに変わります。

中古物件の流通が活発な欧米では一般的な手法ですが、日本ではそこまで浸透していません。
だから、中古住宅でこのホームステージングをやると、他の物件と差別化が出来て高く売れる可能性が高まるんですね。

今回はこのホームステージング。実例を交えながら解説していきます。

最近の物件探しは、ほとんどの人がまずSUUMOなどインターネットを見て物件を選ぶので、掲載写真の見栄えがとても重要なんですね。
写真を見て『見に行きたい』と思ってもらう必要があります。

家を見に来てくれないことには、物件が売れませんからね。
見てもらう人数を増やすことが、早く売れることに繋がります。

見栄え良くホームステージングするには?

居住中か、空室なのかによって、やり方の手順が変わります。

居住中のホームステージング方法

中古住宅の場合、販売開始の時点では持ち主がまだ住んでいるというケースも多いです。
その場合は、居住中の部屋を見学して貰うことになるわけですが…

居住中の部屋は「生活感がありすぎる」のが販売の弱点になってしまうんです。

子供がいる家だと、よくある状況ですね。
居住中の場合はまず、たくさんある荷物を減らす作業から始めます。

片付けや掃除をしたら、家財をまとめ、整理収納をして部屋をスッキリさせます。

  

同じ部屋で、家具も一緒ですが、ずいぶんスッキリしましたよね。
リビングはできるだけ広く見えるようにするのがポイントです。

単にモノを片づけるだけでなく、照明やグリーン、小物などを使って人の目が集中するポイントをつくり部屋が広くステキに見えるように演出します。

キッチンもこんな感じで普段通りだと生活感が出ていますが、

広告写真の撮影の時は、

こんな風に、物を減らしてスッキリとさせましょう。
散らかってしまう人でも、内覧日だけはこの状態に戻しましょう。

「美しく暮らしている家」を演出することで、見学者は「自分もこんなふうに暮らしたい」とイメージしやすくなり、
購入に前向きになりますからね。

空室のホームステージング方法

従来はガランとした空室のままで、内覧を行なっていました。

これだとどのように暮らすか? 見学者は「暮らすイメージ」が湧きにくいんですね。

そうなると目線は

「窓の大きさ」

「日当たり」

「水回りの広さ」

「設備の古さ」

などに目が行きがちで、欠点や弱点の粗探しになったりするんですね。

ホームステージングで家具や小物で空間を演出すれば、マイナスイメージを減らし、よりポジティブな「暮らすイメージ」を与えることができます。

物件の粗探しより、暮らしのワクワクを感じさせる方が、購入意欲は上がります。
空室のステージングは、居住中よりコーディネートしやすいですし、片付けがなく、持ち込みだけでできます。

ポイントは、その物件にどんな人が住むのかをイメージして、ターゲットに合うインテリアで統一することです。
ファミリーの場合は何人家族で、子どもが何歳ぐらいか、とか具体的にイメージすることが、コツですね。

よくある、リビングと和室のお部屋ですね。従来はこのままで販売していました。

これをステージングすると、

こんな感じで明るい印象に変わります。
同じ部屋ですが、グリーンや、鮮やかな色のクッションがあると、明るく楽しい生活をイメージすることが出来ますよね。

そしてこちらが、

リビングに隣接した和室。

和室は特に暗い印象を受けますが、ステージングすると、

家具や照明、ライトを置くことで、和室でも明るくPOPな印象になります。
この部屋は、壁紙・襖・畳など、そのままでリフォームは全然していませんが、ステージングだけで印象はガラっと変わります。

次にこちら

システムキッチン自体は古くないのに、なんか古臭いイメージに見えますよね。

ステージングすると

こんな感じです。

リフォーム無しでも、小物やラグを置くだけでこんなに雰囲気は変わります。
これだったら、料理も楽しく出来そうってイメージが湧きますよね。

ホームステージングの効果

ホームステージング協会の調査によると、販売までの平均日数は

ホームステージングを実施しない場合が124日なのに対し、
実施した場合は40日と、

約3分の1に短縮されたという結果が出ています。

実際、弊社でもホームステージングを実施してから7日で購入の申し込みがあったケースもあります。

早く売れること=高く売れること

なんです。

早ければ、希望価格のまま売却出来ますが、売却期間が長引くと、売れ残り感が出てしまって、
値下げしないと売れなくなってしまうんですね。

販売価格ですが売却物件の印象が良ければ、多少高めの売出価格に設定していても、売れることはよくあります。

ホームステージングでイメージアップさせれば、高値での売却を目指すことも可能です。

ホームステージング費用

ホームステージングは一般的には数万円~数十万円で行なわれています。

お金をかけてまでやる価値があるのか?
疑問に思わる方も多いでしょう。

物件が、なかなか売れない場合、売出価格を50万、100万円の単位で値下げをしていきますが、
そこで、値下げをせず、数万円~数十万円のホームステージングを行い、当初の売出価格を維持したままで、
販売活動を続ける、販売活動のツールとしても使えます。

売出価格の値下げをせずに、物件をより良く見せるための費用と考えれば、価値はありますね。

ちなみに当社では、専任媒介の方には、

このレベルのステージングは無料で行なっています。

まとめ

ホームステージングは家の良さを最大限に引き出し、欠点を補います。
その効果は、

➀ネット広告の見栄えが良いので、内覧希望者が増えます

②内覧者に「ここに住みたい!」と思わせ早期売却をサポートします。

③演出効果による、高値売却が期待出来ます。

ということで、早期・高値売却に繋がる、ホームステージング。
ぜひ、活用して下さいね。

You Tubeチャンネル『不動産の売却チャンネル』配信中!!

You Tubeでは、不動産の売却についてのお役立ち動画をアップしています。
分かりやすく解説していますのでぜひご覧くださいね(^^)/

▷▷▷『不動産売却チャンネル』はコチラ

不動産査定をするなら【売却の窓口 西宮店】ワイズワンホームへ

不動産査定をするなら【売却の窓口 西宮店】ワイズワンホームへ

ワイズワンホームは、お店もスタッフもみんな西宮出身です。豊富なエリア情報を基に、適正価格のアドバイスをします。

あなたのご自宅を正しく評価し、付加価値を付けて高値売却を実現させます!
独自の査定システムに基づき、物件ごとの個別要因を数値化し、正確かつ分かりやすいオリジナルの査定書として高い評価をいただいています。

不動産売却の成功には、市場動向を考慮した適正な売出価格を知ることから始まります。

ワイズワンホームは、売却専門のスタッフが、査定書について分かりやすく丁寧に解説しますのでぜひご自宅を査定してみませんか?

無料査定はコチラよりお願い致します。

トップに戻る