不動産売却コラムCOLUMN

不動産会社はどこがいい?売却依頼は大手か地元かどちらが得か徹底解説!!

これから不動産を売却しようとしている方の中には、不動産会社はどこに頼むのがイイか、迷っている人も多いと思います。

不動産売却が成功するかどうかは、不動産会社選びで決まると言われるくらい重要です。どこに依頼するかで、売却結果に大きな影響が出ます。

不動産会社選びを間違えなかったら、不動産売却の半分は成功していると言っても良いくらい重要です。

有名な大手不動産会社が良いのか?それとも地元に根付いた不動産会社が良いのか?
不動産の売却を頼むならどこが良いか?

大手と地元の特徴・良い不動産会社の選び方

大手、地元、どっちに任せたらイイのか?ってことですが、結論から言うと、自分に合っている方に、任せたら良いです。

大手には大手の、地元には地元の強みがあるんで、売却する物件や、条件、それと営業担当との相性等でも、向き不向きがあるので、一概にどっちがよいと言うのは、断言できません。そういったことも含めて、大手、地元のメリット、デメリットを紹介していきます。

【大手のメリット】

・信頼感

率直に言って大手不動産会社に頼んで得られる唯一のメリットは「信頼感」だと思います。

大手不動産会社は財務基盤が安定していますから、多少不景気になってもなかなか倒産することはないので安心感はあります。

・営業マンのレベルが安定している

大手不動産会社では、研修やマニュアルが徹底されてて、社員教育もやっていることが多いので、一定レベルの対応をしてもらえる期待はできます。

・顧客情報量

大手の方が、各地に支店もあるし、沢山の情報を持っています。

でもね、実は、そうとも言いきれないです。全体で見たら大手の持つ情報量は確かに多いんですけど、地域ごとに分けて見たら、大手でも地元でもそんなに差は無いですよ。大手しか持っていない情報もあれば、地元の不動産屋さんしか持ってない情報もあるからです。

【大手のデメリット】

・両手仲介になる可能性が高い

大手不動産会社は自分の持っている顧客の中だけで、買主を見つけようとします。

売上を上げるために、売主と買主の両方から手数料を儲けたいですよね。

この行為は「両手仲介」と言いますが、アメリカでは禁止されてます。

両手仲介は、買主も自分のお客さんなので、買主が安く買えるようにと、売主に値下げを要求してきます。買主からすると有難い話ですけど、売主からすると、なるべく高く売りたいのに値下げされるので、デメリットになります。

・売主の対応に時間を掛けれない会社で抱えている顧客数が多いと、社員一人が対応する案件数が多すぎて、売主、一人ひとりに時間を割くことが難しくなってきます。

頻繁にコミュニケーションを取りたい売主だと、対応面では不満に思うかもしれません。

・対応がドライに感じる

案件数が多く手が回らない状況だと、より条件の良い、売主が優先されたりします。スグ売れそうな、高額物件だと、営業成績に直結するので担当者も力を入れますが、そうでもない場合だと対応も薄く、営業時間外は一切対応してもらえないなど、ドライな対応だと感じるケースもあります。

【地元メリット】

・地域に詳しい

地元の不動産会社は、大手に比べて限られたエリアで営業してます。地域密着型なので、地域ならではの情報やローカルルールなんかも把握してます。
不動産売買で重視される、学校区や、買い物施設など、地域情報に詳しいので、スムーズに売却してくれます。

親身に相談に乗ってもらえる

大手に比べると一度に抱える案件数が少なく、担当者とコミュニケーションを取りやすい傾向があります。依頼や相談も持ちかけやすいので安心して進められます。

会社の休業日や営業時間外でも、快く応対してくれる営業マンもいます。

・「片手仲介」になる可能性が高い

大手のデメリットとして挙げた「両手仲介」は、地元の不動産会社ではあまり見られません。

地元の場合、売主だけをお客様とする「片手仲介」になる可能性が高いです。片手仲介だと、売主の利益だけを考えて売却してもらえるので安心です。

【地元デメリット】

デメリットは・得意・不得意分野がある大手は規模が大きく、人材を確保できているので、様々な物件に対応出来ますが、地元の不動産会社は限られた社員数でやっているので、得意・不得意な分野があります。

【例えば】マンション売却に強い会社に、一戸建ての売却を依頼すると苦手なので、なかなか売れないといったケースも考えられます。

大手に比べると認知度が低い

大手ほどの資金力を持たない地元の不動産会社は、広告や宣伝にかけられる資金が限られるので、会社の認知度は低いです。だからと言って、売れない訳ではないですが、知ってる会社でないと心配って人には向いてないかもしれません。

営業マンのレベルに差がある

地元の不動産会社は、大手ほど社員教育に力を入れてなく、営業スタイルも決まってないので、営業マンの質がバラバラです。中には、大手を退職して独立した、スーパー営業マンもいますし、逆に、宅建の資格も持っていない出来の悪い営業マンもいます。当たりハズレが大きいので注意して下さい。ハッキリ言って、一長一短です。どちらかが、明らかに優れているとは、言いがたいんです。そこで、オススメするのは、規模にこだわるのではなく、売却に関するノウハウがある会社に任せることです。

【例えば】インスペクションと言って、建物の健康診断をして、状態がどうなのか、診断書をつけて売り出すサービスをしてくれたり、売った後に、もし建物に不具合が見つかったら、売主が弁償しないといけないのですが、それを保険でカバーする、瑕疵保険を付けるなど、売却に特化したサービスを持っている会社がオススメです。

インスペクションと瑕疵保険の話をした時に、すぐに理解してもらえるような、営業マンであれば、売却のノウハウがあると判断できます。ただ単に、「高く売るから任せて下さい」って言う中身のない営業マンはダメです。ちゃんと、不動産を高く売却するための、知識を持った営業マンに依頼して下さい。

そしてネットに強い会社に頼みましょう

家の購入を検討している人はスマホで家探しをしています。大手でも地元でも、家を売るための宣伝は、ネット広告です。

スーモやホームズに掲載したら、購入を検討している人に、ちゃんと売却情報が届く時代です。自社ホームページに載せますからって言うのはダメです!必ずスーモに掲載してくれる会社にして下さい。

それとレインズにちゃんと登録する会社。レインズという、不動産会社が使う物件サイトに登録したら、全国の不動産会社の営業マンが、あなたの家の販売活動をしてくれるんです。大手が、「ウチにはたくさんお客様がいます」って言っても、たった1社です。

レインズは135,000社ですよ。そのレインズにあなたの家の情報が行き渡るんです。レインズに登録したら大手・地元の差なんて無くなりますからね。だからこのレインズをちゃんと活用している会社だと安心です。

そして3つ目、片手仲介でも売ってくれる会社。
両手仲介に拘ると、売れるまでに時間が掛かりますし、値引きを強要されるので注意です。レインズを活用するイコール片手仲介になります。片手仲介でも一生懸命やってくれる会社に依頼しましょう。

以上が、売却を頼む会社を選ぶ、お勧めの方法です

売却を頼むなら、大手、地元 どちらにも一長一短あるので、大手とか、地元とかの会社の規模にこだわるんじゃなくて売却に「強い」会社を選ぶようにしましょう。

見極め方は3つです

❶売却のノウハウを持っている会社

インスペクション、瑕疵保険などのサービスを展開していること

❷ネットに強い会社スーモに掲載して売却していること

レインズにきっちりと登録して活用していること

❸片手仲介で売却してくれる会社

両手仲介にこだわらず片手でスピーディーに売却してくれることこういう会社がオススメです。

そして最後は、あなたと、担当営業マンの相性もありますので、自分にとってイイなと思える会社を選んで不動産売却を成功させましょう。

ワイズワンホーム公式ラインで個別相談受付中!!

不動産売却で分らないことがある方は、公式ラインでご相談ください!相談するだけで売却の成功率がグッと上がります!!
1:1でトークできるので安心して相談できます♪

以下のバナーからお友達追加するだけで、簡単(^^)/

※売却依頼は全国対応(応相談)
ご相談は随時受付しています。

友だち追加

You Tubeチャンネル『不動産の売却チャンネル』配信中!!

You Tubeでは、不動産の売却についてのお役立ち動画をアップしています。
分かりやすく解説していますのでぜひご覧くださいね(^^)/

▷▷▷『不動産売却チャンネル』はコチラ

不動産査定をするなら【売却の窓口 西宮店】ワイズワンホームへ

不動産査定をするなら【売却の窓口 西宮店】ワイズワンホームへ

ワイズワンホームは、お店もスタッフもみんな西宮出身です。豊富なエリア情報を基に、適正価格のアドバイスをします。

あなたのご自宅を正しく評価し、付加価値を付けて高値売却を実現させます!
独自の査定システムに基づき、物件ごとの個別要因を数値化し、正確かつ分かりやすいオリジナルの査定書として高い評価をいただいています。

不動産売却の成功には、市場動向を考慮した適正な売出価格を知ることから始まります。

ワイズワンホームは、売却専門のスタッフが、査定書について分かりやすく丁寧に解説しますのでぜひご自宅を査定してみませんか?

トップに戻る